So-net無料ブログ作成
検索選択

三角形を描く [PostScript]

三角形・多角形を描く

Postscriptで正三角形を描いてみましょう。sin(60)×一辺の長さでy座標を得ます。


05-01三角形.png
【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 %%Title:三角形を描く 120 70 translate % 座標を移動 newpath % パスの初期化 -50 0 moveto % 底辺を引く 50 0 linneto % 0,sin(60)×100に線を引く 0 60 sin 100 mul lineto closepath % 線を繋げる stroke % 描画する

次の方法は正三角形の高さを求める公式 高さ=1辺の長さ×√3÷2 を使用します。
図は同じになるので省略します。

【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 %%Title:三角形を描く 120 70 translate % 座標を移動 newpath % パスの初期化 -50 0 moveto % 始点を移動 50 0 lineto % 始点と終点の間にパスを引く -50 50 3 sqrt mul rlineto % -50 ,(100÷2)×√3に線を引く closepath % 線を繋げる stroke % 描画する


【オペレータの説明】
角度 sin指定の角度の正弦値(実数)を返す。単位は度
数値1 数値2 mul数値1に数値2を掛けた積を返す
数値 sqrt数値の平方根(実数)を返す。

タグ:PostScript
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました