So-net無料ブログ作成
検索選択

ピーナッツカーブを描いてみよう [PostScript]

曲線を描く


peanuts_curve.png
具象的な曲線の第三回はピーナッツカーブです。
Ceva's trisectrixのバリエーションの一つで、b=1の時、double egg、b=2の時、bow tieと呼ばれる図形ができます。
r=1+b*sin(2*th)

【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 %%Title:peanut curve(ピーナッツカーブ)を描く 0 0 240 240 rectfill % 黒背景 120 120 translate % 図形を中央に移動 /b .5 def % パラメータ /a 80 def % 大きさ newpath % パスの初期化 0 1 360 { % 0から始めて360まで1づつ増分し{ }内を繰り返す /th exch def % 制御変数をth(角度)に入れる % ピーナッツカーブの数式 /r 1 b 2 th mul sin mul add a mul def /x r th cos mul def /y r th sin mul def % thが0なら始点を置き、さもなくば線を引く th 0 eq { x y moveto } { x y lineto } ifelse } for closepath % 線を繋ぐ 1 1 1 setrgbcolor % 白色 2 setlinewidth 線幅2ポイント stroke % 線を描画

peanuts_curve2.png
for文を追加し、aの値を変化させ、色と角度を変えてみます。
増分値(減分値)を細かくしてグラデーションにしています。

【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 %%Title:peanut curve(ピーナッツカーブ)を描く 0 0 240 240 rectfill % 黒背景 120 120 translate % 図形を中央に移動 /b .5 def % パラメータ /rc 1 def % R色 /gc 1 def % G色 /bc 0 def % B色 newpath % パスの初期化 90 -.8 0 { % 90から初めて0まで-0.8減分し{ }内を繰り返す /a exch def % 制御変数をa(大きさ)に入れる .5 rotate % 0.5度回転 0 1 360 { % 0から始めて360まで1づつ増分し{ }内を繰り返す /th exch def % 制御変数をth(角度)に入れる % ピーナッツカーブの数式 /r 1 b 2 th mul sin mul add a mul def /x r th cos mul def /y r th sin mul def % thが0なら始点を置き、さもなくば線を引く th 0 eq { x y moveto } { x y lineto } ifelse } for closepath % 線を繋ぐ rc gc bc setrgbcolor % カラー設定 fill % 塗りつぶす /gc gc .015 sub def % G色から0.015を引く /bc bc .002 add def % B色から0.002を足す } for

タグ:PostScript
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました