So-net無料ブログ作成
検索選択

十二菊を描いてみよう [PostScript]

家紋を描く


家紋05十二菊.png
十二菊という家紋です。
PostScriptチュートリアル&クックブックに同じような花模様の図形を描くプログラムがありましたのでそれを参考にしました。
花びら1枚をプロシージャにして12回、回転させて菊模様としています。

参考:PostScriptチュートリアル&クックブック/1989年6月1日 初版発行/著者 Adobe Systems
参考:日本の家紋/発行2004年5月1日 初版発行/発行者 安田英樹/発行所 株式会社青幻舎

【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 %%Title:家紋を描く(十二菊) /wh { 1 setgray fill } def % 白塗りつぶし /bk { 0 setgray stroke } def % 黒線 /a 90 def % 図形サイズ /kiku { % 菊の花ビラのプロシージャ newpath % パスの初期化 gsave % グラフィックス状態の保存 0 0 moveto % (0,0)に始点を置く a 0 translate % (a,0)に原点を移動 15 rotate % 15度回転 0 15 sin a mul translate % 半円の半径分移動 0 0 15 sin a mul -90 90 arc % 半円を引く closepath % 線を繋ぐ gsave wh grestore bk % 白塗り、黒線 grestore % グラフィックス状態の復帰 } def 2 setlinewidth % 線幅2ポイント 0 0 240 240 rectfill % 黒背景 120 120 translate % 座標の原点を中央に移動 15 rotate % 15度回転 12 { % 12回{ }内を繰り返す kiku % 菊プロシージャ呼び出し 30 rotate % 30度回転 } repeat % 花芯を描く 0 0 16 0 360 arc gsave wh grestore bk

家紋05-2八菊.png
数字を少し変えるだけで八菊なども描くことができます。

【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 %%Title:家紋を描く(八菊) /wh { 1 setgray fill } def /bk { 0 setgray stroke } def /kiku { gsave 0 0 moveto 80 0 translate 22.5 rotate 0 22.5 sin 80 mul translate 0 0 22.5 sin 80 mul -90 90 arc closepath gsave wh grestore bk grestore } def 2 setlinewidth 0 0 240 240 rectfill 120 120 translate 22.5 rotate 8 { kiku 45 rotate } repeat 0 0 16 0 360 arc gsave wh grestore bk

タグ:PostScript
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました