So-net無料ブログ作成
検索選択

同心円を描く2 [PostScript]

円弧を描く PART2


30-02同心円2.png
PostScriptで同心円を描くその2。
線幅を中心から順次太くしてみましょう。
半径を20で割った値を線幅にして繰り返します。

【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 %%Title:同心円を描く 120 120 translate % 座標の原点を中央に移動 newpath % パスの初期化 0 10 100 { % 0から10づつ半径を増やし100になるまで{ }内を繰り返す /r exch def % 制御変数をr(半径)に入れる 0 0 r 0 360 arc stroke % 円を描画 r 20 div setlinewidth % 半径を20で割った値を線幅にする } for

30-02同心円5.png
次は中心から線幅を順次細くしていきます。
線幅を増やしたり減らしたりする数式は色々と考えられます。
またこの数式の置き場所は描画した後に置かないと初期値が変わってしまう場合があります。

【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 %%Title:同心円を描く 120 120 translate % 座標の原点を中央に移動 /lw 10 def % 線幅10をlwに入れる(線幅初期値) newpath % パスの初期化 0 1 10 { % 0から1づつ半径を増やし10になるまで{ }内を繰り返す /r exch def % 制御変数をr(半径)に入れる lw setlinewidth % 線幅をlwにする 0 0 10 0 360 arc stroke % 円を描画 1.25 1.25 scale % 座標を1.25倍にする /lw lw .8 sub def % lwから0.8を引いたものをlwに入れる } for

タグ:PostScript
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました