So-net無料ブログ作成
検索選択

点を打つ [PostScript]

点を打つ


07点.png
ランダムな点を打ってみましょう。
繰り返しオペレータを使い100回小さい円を描いて点にします。

【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 %%Title:点を打つ 120 120 translate % 座標の原点を中央に移動 newpath % パスの初期化 100 { % 100回繰り返す /x rand 241 mod 120 sub def % -120から120の間の乱数をxに入れる /y rand 241 mod 120 sub def % -120から120の間の乱数をyに入れる x y 1 0 360 arc fill % 半径1ポイントの塗りつぶし円を描く } repeat

【オペレータの説明】
整数 {
  処理
  } repeat
処理を整数回繰り返し実行する。
数値1 数値 2 sub数値1から 数値 2を減算した結果を返す。
rand0~2の31乗-1 の整数の疑似乱数を返す
整数1 整数2 mod整数1を整数2で割った余り(整数)を返す
(例)
7 3 mod 余り1
7 4 mod 余り3
7 5 mod 余り2
-7 3 mod 余り-1
randとmodを使用して、いろんな乱数が作れます。
(例)
rand 101 mod 50 sub (-50から50までの整数)
rand 11 mod 10 mul (0から100までの10きざみの整数)
rand 11 mod 0.1 mul (0.0から1.0までの0.1きざみの少数)
rand 256 mod 0 sub (0から255までの整数)

07-02点.png
線の先端を丸くして点にします。
0 0 rlinetoはおかしな感じがしますが、0以外にすると点にはなりません。

【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 %%Title:点を打つ 120 120 translate % 座標の原点を中央に移動 1 setlinecap % 線の先端を丸くする newpath % パスの初期化 100 { % 100回繰り返す /x rand 241 mod 120 sub def % -120から120の間の乱数をxに入れる /y rand 241 mod 120 sub def % -120から120の間の乱数をyに入れる vx y moveto 0 0 rlineto % 半径1ポイントの円を描く } repeat

タグ:PostScript
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました