So-net無料ブログ作成

辞書を使って線を描いてみよう [PostScript]

直線を描く PART2

キーと値のペアを辞書に登録して、変数のように使用することができます。
変数を使用すると値の変更が容易になります。
辞書とはキーと値をペアにしたデータの入れ物です。
キーは頭に/を付け、続けて値を書き最後にdefを書きます。
例えば他のプログラムで int x=100またはvar x=100 などはPostScriptだと /x 100 defとなります。
他のモダンな言語では型を明確に指定しなければなりませんが、PostScriptは開発が古い言語なので型の宣言はありません。型とはそのデータが文字列なのか整数なのか実数なのかなどを表すものです。
使用する場合はキーの頭の/は不要です。

02-01水平線.png
【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 /x 100 def % x座標を100と定義 /y 0 def % y座標を0と定義 120 120 translate % 座標の原点を中央に移動 newpath % パスの初期化 x neg y move % 始点(-100,0)へ移動 x y lineto % 終点(100,0)へパスを引く stroke % 線を描画


【オペレータの説明】
/キー 値 defキーと値のペアを辞書に登録します。これは他のプログラムの変数のように使用できます。 /キー { 処理 } def のようにすればプロシージャとなります。プロシージャとは複数の処理をまとめたものです。
数値 neg 数値の符号を反転する

タグ:PostScript
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました