So-net無料ブログ作成

半円形に色をつけてみよう [PostScript]

円弧を描く

半円形に色を塗ってみましょう。線を描くときはstrokeでしたが、図形内部を塗るときはfillを使います。

03-03円+弧2+色.png
【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 %%Title:塗りつぶす 120 120 translate % 座標の原点を中央に移動 newpath % パスの初期化 0 0 80 270 90 arc % 中心(0、0)半径80で円を引く closepath % パスを閉じる 1 .5 0 setrgbcolor % オレンジ色 fill % パスの内部を塗りつぶす

【オペレータの説明】
fill指定された領域を塗りつぶす。


図形に線と塗りは同時に付けることができません。1度strokefillするとカレントパスがクリアされてなくなってしまうのです。
そこでデータを一時的に保存しておき、クリアされた後に復帰させて使用することができます。
それがgsave(グラフィック状態の保存)とgrestore(グラフィック状態の復元)オペレータです。

03-03円+弧2+色+g.png
【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 %%Title:線と面に色をつける 120 120 translate % 座標の原点を中央に移動 newpath % パスの初期化 0 0 80 270 90 arc % 中心(0、0)半径80で円を引く closepath % パスを閉じる gsave % ここまでのグラフィック状態を保存 1 .5 0 setrgbcolor % オレンジ色 fill % パスの内部を塗りつぶす grestore % グラフィック状態を復元する 0 0 0 setrgbcolor % 黒色 10 setlinewidth % 線幅10ポイント stroke % 線を描画する

【オペレータの説明】
gsaveグラフィックス状態を保存する。
restore保存しておいたグラフィックス状態を復帰する。

タグ:PostScript
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました