So-net無料ブログ作成

回転してみよう [PostScript]

直線を描く

図形をrotateで回転させてみましょう。他のプログラム言語などではラジアン(弧度法)が使われますが、Postscriptでは360度を1周とする度数法を使用します。反時計回りで回転します。
図形だけが回転したように見えますが、座標全体が回転していることに注意してください。
図では参考のため座標軸等を表示しています。
座標系のオペレータは順番が違うと、意図した表示にならないので注意が必要です。


02-07十字線線幅赤回転.png
【サンプルコード】
%!PS-Adobe-3.0 EPSF-3.0 %%BoundingBox: 0 0 240 240 120 120 translate % 座標の原点を中央に移動 45 rotate % 座標を45度回転 5 setlinewidth % 線幅を5ポイントに設定 1 0 0 setrgbcolor % 赤に設定 newpath % パスの初期化 -100 0 moveto 100 0 linneto % 水平線を引く 0 100 move 0 -100 linneto % 垂直線を引く stroke % 線を描画



【オペレータの説明】
角度 rotate座標軸の原点を中心に反時計回りに回転する。マイナスの角度であれば時計回りになる。

タグ:PostScript
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました