So-net無料ブログ作成
検索選択

PostScriptの基礎 [PostScript]

PostScriptを始めよう

コード
コードは半角英数字・記号を使います。全角を含めないようにしてください。空白は半角、タブ、改行いずれも同じ動作になります。
1 2 add と
1
2
add は同じです。
数学記号がほとんど使えません。+(加算)はadd、-(負号)はマイナスとして使えます。減算はsubです。*(乗算)はmul、/(除算)他で使用するので使えません。divが除算となります。

書式

逆ポーランド記法を使用します。
一般的な数式は 1 + 2 のように演算する記号が演算されるものの中にあります。(中置記法)
逆ポーランド記法または後置記法では 1 2 + のように書きます。
これは日本語の語順に似ており、1と2を足す と読めます。
1 + 2 * 3 ではどうでしょう。
1  2  3  *  + 後置記法ではこうなります。PostScriptで書くと
1 2 3 mul add になります。
2と3を掛けてその答えに1を足す。と読みます。
なぜ後置記法を採用しているかというとPostScriptがスタックというデータ構造を使っているためです。
スタックは後置記法と相性がいいからです。
本講座ではスタックを積極的に使ったプログラムではなく、変数を使ったプログラムで行きます。
スタックを使うとプログラムがシンプルになりますが、データの流れがつかめないし、分かりにくいのです。
かといって絶対使わないという訳ではなく、使わざるを得ない場合があります。
それは後ほど記します。

stack.png

コメント

%から始まり改行までがコメントになります。日本語、全角/半角英数字・記号が使えます。他の言語のように文章のブロックを一括でコメントとするような便利なものはありません。
(例)
%他の言語のように文章の
%ブロックを一括でコメントとする
%ような便利なものはありません。

座標系

座標は左下を原点とし、Y軸上方向、X軸右方向が正です。
座標は移動・変形が可能です。

00-01原点.png
タグ:PostScript
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました